シマノ’16メタニウム MGL HG LEFTを購入!

シマノ’16メタニウム MGL HG LEFTを購入!
シマノ 16メタニウムMGL LEFT
ついに シマノの16メタニウム MGL HG LEFT を買ったったぜ!

先日、検討した結果、シマノ リール ’16メタニウム MGL HG LEFT(左ハンドル)を購入しました。いろいろ迷いましたが、まずは買って試してみて、こちらをベースに他のリールの善し悪しの材料になればいいかなと。

まずは難しい用語はなるべくなしにして、購入した感想を書いてみたいと思います。
購入前の「16メタニウムMGL」に関する記事はこちら

シマノ リール ’16メタニウム MGL HG LEFTを買ってみた

何と言ってもベイトリールを買うこと自体何年ぶりだろう・・・
前回購入してから、かれこれ20年ぐらい経つのだろうか?
なんせ久々すぎるし、世の中も随分ハイテクになっているはずなので、今までバス釣りをやってきた方や最近のリール事情を知っている方々からすると、当たり前のことかもしれませんが、私同様のご無沙汰購入で検討されたり、数十年ぶりにバス釣りに復帰された方々の参考になれば幸いです。

16メタニウムを購入した決め手

ブログを書いている手前、情報は多めに収集し、決して安くはない買い物ですから、今回は結構慎重に選びました。
そこで私の場合は、横書き専門用語は理解しにくかったので、今までの経験を基に口コミや購入者の感想が主な決め手でした。

シマノ リール '16メタニウム MGL HG LEFT

その中でも、主な決定打は大きく分けると下記の3種ですかね。
・性能
・口コミや評判
・価格
こちらを少しだけ詳しく述べたいと思います。

バックラッシュなく、軽いものまで投げられる性能

バックラッシュがない。ゼロではなくともこの言葉は大きい。
そして、昔は重いヘビールアーしか投げられなかったベイトリールが今じゃワームまで投げられるという。かつ、本体が軽い。
強風でのキャストも問題なし!
そしてデザインも個人的にはシンプルメタルで好みでした。

釣ることも大事ですが、「投げることが楽しい!」や「巻いていて気持ちいい!」などの意見が多かったのですが、使って納得。もう水辺に投げずに公園でずっとキャスティングしていたい。そんな気持ちが芽生えています。

最も背中を押してくれた口コミや評判

最も背中を押してくれたのは口コミや評判でしたね。
購入前の「16メタニウムMGL」に関する記事 にも掲載していますが、

・アンタレスは遠投仕様で軽いものは苦手
・上位機アンタレスなど使いましたが、もう16メタニウム MGL以上の性能はバス釣りに必要ない

この辺は自分にとって、心強かったように思います。
だって5、6万円のリールは正直使いたいですもん(笑)
いつか買って試してみたいとは思っていますが、それじゃなくても十分なんだなとマインドコントロールされました。(言い方)

見合った価格帯

ベイトリールといっても、1万円以下のものから5、6万円以上するものまであります。ただ、年相応ではないですが、大人になった今。ブランクがあっても少しぐらい良いリールを使ってみたいなという気持ちは正直ありました。

使ってみないと分かりませんが、他メーカーの1万円以下のものや安めのリールでも高性能のものがあったかも分かりません。実際あると思いますし。

ただ、前述の通り、口コミや評判を見た上でのこの価格。
リール自体は31,500円ぐらいでしたが、これを買ってみようと思えました。
大事には使いますが、今後も順次、他メーカーのリールなども購入していく予定です。

あとはタイミングですが、私はYahooショッピングで購入したのですが、キャッシュバックが大きかったです。なんと40%戻ってくる企画でしたよ。
PayPayで30%とYahooポイントで10%ぐらい。
今でも20%ぐらい戻りますので、どうせ買うならお得に購入することをお勧めします!

リール・ロッドカテゴリの最新記事