好みの16メタニウムMGL

好みの16メタニウムMGL

久々にベイトリールを買いたいなといろいろ調べていると、DAIWAやSHIMANO、アブガルシア(Abu Garcia) 辺りが有力候補。
DAIWA派やSHIMANO派のブログなども拝見しつつ、DAIWA内山プロのファンとしては動画内で紹介される数々のリールも気になる。

もちろんDAIWAのリールも今後紹介するにせよ、今回、記事にするSHIMANO 16メタニウムMGLはデザイン的なところで自分好みであることと、価格もお手頃。そして性能を調べるとこれまた素敵!

今は昔と違い、バックラッシュしにくい、軽量ルアーやワームでもベイトリールで投げられる・・・といった自分にとって知らなかった常識がまかり通っている時代。
それならあとは、何を以って、買うに至る理由になるかということ。

それを知りたいがために、自分が気になるベイトリールを紹介しつつ、性能や口コミなどを調べて購買に至れればと思っています。なんか固い言い回しになってしまったが、、、本日は気になるベイトリールのご紹介第一弾といったところでしょうか。

SHIMANO メタニウムMGLのサイトを見る限りでは専門用語が多いですが、製品情報は引用させてもらいます。

シマノバスベイトリールの主力モデルが、最新機能を搭載して大幅に性能アップ。

搭載した「NEWマグナムライトスプール」が、側面のブランキングと70サイズのシャロースプール化で慣性モーメントを大幅に軽減。平均飛距離で約20%アップ(当社比)を達成しました。合わせて「NEW SVS∞(インフィニティ)」では、外部ダイアルのみでのスピーディーなブレーキ調整が可能。もちろん「マイクロモジュールギア」「X-SHIP」「HAGANEボディ」「サイレントチューン」といったテクノロジーも標準で備えた充実のモデルです。

NEW MGLスプールとは、シマノがこだわる「キャストフィーリングの良さ」、つまり人の感性に訴える部分を進化させることで、結果的にキャスティングにおける基本性能である遠投性、バックラッシュのしにくさ、アキュラシーキャストにおいても一段と性能を引き上げたフィーチャーであると言えるのです。

16メタニウムMGL

んーー。分かりません・・・

でも、最後の方に書いてある遠投性、バックラッシュのしにくさはということが自分にとって重要ですね!あとはAmazonなどの口コミも貴重なご意見箱です。
少しばかり拝借すると、なかなか評判も良いですね。

普段はDAIWA派ですが、とても気に入ってヘビーに使っています。
主にバス釣りで使用です。
フロロライン使用の方が多いですが、ナイロンの12ld、100mほど巻いて使用してもタックルセッティング間違わなければ、1/4oz以下のルアーでも快適に使えます。ベイトフィネスリールが要らないと思わせてくれるリールでした!

さすがはシマノの名機メタニウムです。
前作から使っていますが、どのリールにしようか迷ったらこれを買えば間違い無いと思います。ライトルアーからヘビキャロまで幅広く使え、耐久性もあり10年は使えます。

今現在で最高のリールかなと思います。
アンタレスDCは遠投仕様で軽い物は苦手で。。。
コレは「何でも」OKって感じです。
良く飛ぶし、巻きも超~滑らかで使ってて気持ちいいです。

飛ぶ、軽い、巻き心地滑らか欠点はない気がします。
重いのはもちろんですが軽いものも投げられるのが良いですね。3/32oz位は全然投げれます。

飛距離、巻き心地とても良く満足
上位機アンタレスなど使いましたが、もう16メタニウム MGL以上の性能はバス釣りに必要無いと思いました。

ずっとベイトは古いレボを愛用してたのですが、友人から借りて初めてメタニウムを使用するとまずその軽さに驚き、そして飛距離に目玉が飛び出るほど感動してしまいましたw
その後お金貯めて購入しましたがもう釣れる釣れない関係なく投げてるだけで楽しいというもう良くわからない世界に入っちゃってますw

実際に買われた方のコメントですが、自分が望む納得の感想ですね(笑)
軽いというご意見も結構目立ちました。
相当数投げるわけですから、極力リールも軽い方がいいですしね。
冒頭でも述べましたが、性能もメタリックなデザインも改めていい感じです。
ひとつ持っていてもいいですね!

リール・ロッドカテゴリの最新記事