キャスティング ONLINE STOREでは各種セールを開催!対象商品購入でキャスティングポイントが5~10倍貯まります!

霞ケ浦で釣り納め

霞ケ浦で釣り納め

12月22日(日)天気は曇り。
夕方雨予報の中、おそらく今年最後となるバスフィッシングに行ってきました。

真冬の霞ケ浦

冬にバス釣りをするのは、おそらく中学生以来だろう。
日本各地で釣りあげられているTwitterやインスタの画像に期待を膨らませ、茨城県土浦市・阿見町エリアの霞ケ浦・流入河川でランガンしてまいりました。

アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2

ランガンと言えば、先日購入したAbu Garciaのワンショルダーバッグも体にフィットし、とても活躍してくれましたよ!収納も大きく、小分けのポケットも助かります。
何と言ってもロッドが挿せる喜び!
いつもベイトとスピニングの2本持ちなので、重宝しそうです。

まずは霞ケ浦本湖でスタート

霞ケ浦
「千と千尋の神隠し」ゼニーバに会いに行く線路ではありません

朝7:30ごろのスタートになりましたが、先月訪問時の大荒れから一転、波はとても穏やかですが、やはり12月ともなると結構な寒さでした。

浅瀬をメタルジグで攻めつつ、根がかりの危険性に怯えながら(笑)、ただ巻き・リフト&フォールをひたすら繰り返すこと10分!

来ました!この方が!

メタルバイブでニゴイ
40cm弱ぐらいのとても軽いニゴイ

目的外生物。ニゴイでした。
そのあとは風も強くなり始め、波が立ってきました。
アタリもなく、即移動。

先日訪れた清明川も1時間ほどキャストしましたが、ノーバイト。

花室川、土浦旧港でもトライ!

昼ごはんを挟み、次に訪れたのは花室川という流入河川。
ここも良いポイントですが、ノーバイト。

最後の砦。
土浦旧港に向かいましたが、すでに16:30。
前日の夜にブラックバスが釣れている投稿を見たので、期待を膨らませがらもチャレンジしましたが、もう辺りは暗く、徐々に雨も強くなり、ここでもノーバイトで終了。

結果は残念ではありましたが、悔いもなく、楽しかった!
また来年早々に楽しませてもらいたいと思います。

そして霞ケ浦界隈をランガンして感じたのですが、釣り関連のゴミが多く見受けられました。ゴミを持ち帰るなど、当たり前のマナーを守れている方に魚たちも微笑んでくれるのかもしれませんね。

冬バス攻略にジャークベイト

もっと早く知り得たかったのですが、実際に霞ケ浦や北浦で今時期バスを釣り上げている方から「ジャークベイト」が良く釣れているとの情報をいただけました!

私:「ジャークベイト??
なるほど!ジャークベイトがいいんですねー!(知らんくせに)」

ジャッカルのダウズビドーというものが良いらいしいです。
人気なんですかね?入手困難なことも聞きました。

ダウズビドー90SP
DOWZVIDO 90SP(ダウズビドー90SP)

逃げ惑うベイトフィッシュの『必死感』を演出!!
琵琶湖屈指のプロガイドとしてこれまで数々のビッグバスと対峙してきたプロアングラー秦拓馬が、狡猾なターゲットを騙す為に求めた最終兵器。それがDOWZVIDO(ダウズビドー)。モンスタークラスに捕食行動を促す究極のスイッチとして、彼が求めたのは逃げ惑うベイトフィッシュの再現でした。特筆すべきは高速リトリーブに対応するバランスの良さと軽快な引き心地。そして何より、理想の生命感をダウズビドーにもたらしたのは、他に類をみないハイピッチローリングアクション。3連の移動重心機構により手に入れた抜群のキャスタビティにより、ロール主体のアクションながら安定した2m以上の潜行深度を実現しました。理想的なアクションを保ったまま”狙いのレンジをより長くトレースする”。この効率よくストレスの無い広域サーチ能力こそがバイトチャンスを増加させるカギとなります。

引用元:JACKALL

これは買いですね。
JACKALL強し!!

ブログカテゴリの最新記事