キャスティング ONLINE STOREでは各種セールを開催!対象商品購入でキャスティングポイントが5~10倍貯まります!

霞ケ浦で晩秋のバス釣り!

霞ケ浦で晩秋のバス釣り!

11月23日(土)に霞ケ浦にバス釣りに行ってきました!
雨の中でのバスフィッシングとなりましたが、雨具・長靴のフル装備で怖いもの知らず。
ところが本湖はとても波が高く、打ち寄せ方も台風のような感じでした。

ですが今回もともと予定していたのが清明川の河口付近。
というわけで霞ヶ浦の流入河川を攻めてきました。

霞ヶ浦の流入河川 「清明川」でバス釣り

今回は午後から出向き、第一投目は14時少し前。
17時には真っ暗になるため、急ぎ目で行動。
雨のため、釣り人もほとんどいませんでしたね。

時間も限られているのでスピナーベイトで勝負。
今時期は水深が結構浅めかと思います。

始まって30分で友人が叫ぶ。
「喰ったーー」

岸際をテキサスリグで試していたところ、60cm近いアメリカナマズをゲット!!
ネットなしで引き抜いたのはすごい(笑)

やはりクロー系ワームは強い

アメリカナマズ
赤のクロー系ワームにがっつり食いついてきたアメリカナマズ
アメリカナマズ
58cmといったところでしょうか

やはり先日紹介したクロー系ワームは強かった。
バスではないですが、これはこれでファイトを楽しめたようです。

そのあとは対岸に行ったり、波の高い霞ケ浦本湖でもポイントを変えてチャレンジしましたが、あっという間に日も暮れてゲーム終了でした。これからはシーズン的に厳しくなってきましたが、また行きたいですね。

霞ケ浦の流入河川では桜川、新川、備前川、花室川など(土浦・阿見エリア)本当にたくさんありますが、清明川も釣れるオーラはあります。

他にも茨城県南部だと、鬼怒川や小貝川はスモールマウスで有名なので、近々行ってみたいです。メジャーな北浦や新利根川も。

春まで待てない。

ただ、今回改めて思ったのが、霞ケ浦は流入河川も含めて、アメリカナマズの繁殖力が半端ない気がします。 せっかくなので、フィレオフィッシュバーガーにして食べちゃいましょう。

持ち運びに優れたランディングネットは必要

今回の教訓は、ランディングネットは必要!
バスやブルーギルならともかく、雷魚やナマズ、もしものコイなど、様々な想定外の大物が釣れた時のために、ランディングネットは持っていてもいいかもしれませんね。

ポーチやベルトに挟んでいると、おしゃれな感じがします。上手そうだし。
もちろん実用性が大事ではありますが。

ブログカテゴリの最新記事